本-BOOKS-食べ物-FOOD-植物-GREEN-動物-ANIMALS-お仕事-WORK-ご近所-LOCAL-銀幕-MOVIES-旅行-TRAVEL-徒然-DIARY-未分類-UNCLASSFIED-写真-PHOTOS-あったらいいな-WANTS-ウェブ-Web-デザイン-DESIGN-
拝啓御両親 娘は今日も元気です
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.03.11 Thu
今日、ふと歩いている途中に「埒(らち)があかない」という言葉が浮かびました。
(今考えると、なんでだったんでしょう?何か行き詰ってたのか?)

埒があく、よりは、埒があかない、って方が使うなー、
と思い、はてそもそも「埒」って何?と疑問に思ったのです。


埒…
そう言えば、「不埒(ふらち)」って言葉もありますよね。
携帯で変換してみると、どうやらどちらも漢字は「埒」です。


そこから推測すると…「埒」の意味は何なんだ??
意外と近いようで、いまいちこの2つのことばの共通点が分かりません。


不埒…。
無礼、に近いけど、もっと倫理的にだめな感じ。
じゃあ「埒」って、倫理とかルールこと?

でもそれだと、「埒があかない」の方に当てはまりませんよね。
そもそも、
明かない、なのか
開かない、なのか
空かない、なのか??


で、「埒があかない」の方からイメージして、
扉のようなもの、それも本来はあるべき扉のようなものではないかと想像しました。

扉が空かないから、先に進めなくて行き詰って、「埒が開かない」
あるべき扉がなくてあけっぴろげで整っていないから、「不埒」

「不埒」の方がちょっと苦しいですが、そんなアイディアでした。


で、ネットで調べた結果は、

(1)かこい。しきり。特に、馬場の周囲の柵。
(2)物事のきまった範囲。限界。
大辞林 第二版



語源由来辞典:埒があかない


囲い→ものごとの秩序ということだったんですね。
当たらずとも遠からずだったかな?
こういう推測はたのしいですね。
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://pencat.blog12.fc2.com/tb.php/861-60a0fcaa
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。