本-BOOKS-食べ物-FOOD-植物-GREEN-動物-ANIMALS-お仕事-WORK-ご近所-LOCAL-銀幕-MOVIES-旅行-TRAVEL-徒然-DIARY-未分類-UNCLASSFIED-写真-PHOTOS-あったらいいな-WANTS-ウェブ-Web-デザイン-DESIGN-
拝啓御両親 娘は今日も元気です
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.01.30 Sat
100130julie-julia.jpg



今日は女子映画デー。友人とジュリーアンドジュリアを見てきました。
前後におしゃべりもたっぷりして、楽しかったわー。

映画『奥さまは魔女』のノーラ・エフロン監督による、
すべての女性たちにオススメの応援歌。
1961年に出版され、アメリカの食卓にフランス料理の大旋風を巻き起こした料理本の著者と、
その本を手に幸せをつかもうとする現代女性の2つの物語を紡ぐ。
魅力的な主人公を演じるのは、『マンマ・ミーア!』のメリル・ストリープと、
『魔法にかけられて』のエイミー・アダムス。試行錯誤の末に女性として、
そして人間として光り輝く彼女たちが勇気をくれる。



日比谷のシャンテでしかやっていないです。
教えてくれた友人、どうもありがとう!!

2つの時代の頑張る女性が主人公なのですが、やっぱり見どころは
ジュリア役のメリル・ストリープ!
プラダを来た悪魔で上司部下のコンビを組んだスタンリー・トゥッチと今度は夫婦設定。
ミランダとは正反対のトール&太っちょ、底抜けで明るい外交官の妻役です。
ほんとこの人って、役によって全然違う人間を演じられるんですね。
外交官の妻というイメージを裏切って、ちょっとダサいくらいなんです。
かっこいいわー。メリル。スタンリーもまた素敵です。
こんな性格がよくて、かっこよくて、妻を応援してくれる人…、
女性にとって理想的すぎじゃなくですか。

最後の方に実話ならではのなんともやるせないエピソードもありますが、
(そこ解決しないんかい!)
ジュリアの頑張りに癒されます。情緒不安定なジュリーよりは
時代は違えどジュリアの頑張りの方にいやされるなあ。
でもがんばる過程はもうちょっと丁寧に描いてくれたらいいと思う。
試行錯誤で苦労している感情移入がもっとできるとね。

あと、ハリウッドが作ったから仕方ないんだろうけど
料理の話なのに料理があんまりおいしそうじゃないぞ!なぜなんだー!
料理を失敗するところはリアルなのに…
作った料理をもっと映そうよ。盛り付けも美味しそうにしようよ。
じゃないとアメリカにフランス料理を伝えたジュリアの努力が報われないじゃないか。

料理といえば、食堂かたつむりもどんな映画に仕上がっているのか楽しみですね。

映画後には銀座のユザワヤをぶらぶら。
ビーズが気になりました。おっきいビーズ好きです。
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://pencat.blog12.fc2.com/tb.php/845-fc5a14ff
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。