本-BOOKS-食べ物-FOOD-植物-GREEN-動物-ANIMALS-お仕事-WORK-ご近所-LOCAL-銀幕-MOVIES-旅行-TRAVEL-徒然-DIARY-未分類-UNCLASSFIED-写真-PHOTOS-あったらいいな-WANTS-ウェブ-Web-デザイン-DESIGN-
拝啓御両親 娘は今日も元気です
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.01.06 Sun
園芸家12カ月 (中公文庫)園芸家12カ月 (中公文庫)
(1996/03)
カレル チャペック、Karel Capek 他

商品詳細を見る


またまたほぼ日で見て買っちゃった本。
久々のガーデニング関係です。

カレル・チャペックという第二次大戦前にチェコで活躍したジャーナリストが
園芸家がすることを月ごとにユーモラスに書いた本。
デザイン的に見ると、文体がとても秀逸な本らしいのですが
それについては自分はあまり分からず。。。

でも、
「園芸にどんな土がよいかについては、みんないろんなことを言って
 結局よく分からない。一種の宗教みたいなもんである」
という趣旨の記述には思わず吹き出しました。
昔っから、健康法と同じで、園芸にも正解はないんですねえ。

日本とは風土が違うチェコの話ですし、庭仕事を前提にしているので
直接的に自分のガーデニングに役立つことはないのですが
ユーモラスに書かれている内容に
「昔っからそんなもんなんだよな~」と楽しい気分になりました。

なお、カレルはナチのプラハ侵攻直前にプラハで死去。
ユーモラスな挿絵を描いた兄は、その後強制収容所で死去しているという
背景を持った本でもあります。
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://pencat.blog12.fc2.com/tb.php/620-63a3fdde
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。