本-BOOKS-食べ物-FOOD-植物-GREEN-動物-ANIMALS-お仕事-WORK-ご近所-LOCAL-銀幕-MOVIES-旅行-TRAVEL-徒然-DIARY-未分類-UNCLASSFIED-写真-PHOTOS-あったらいいな-WANTS-ウェブ-Web-デザイン-DESIGN-
拝啓御両親 娘は今日も元気です
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.11.15 Thu
怖い絵怖い絵
(2007/07/18)
中野京子

商品詳細を見る


ぱっと見は美しいだけの絵でも、時代背景や作者について知った上でみると
ぞっとするような意味がみえてしまうことがある……
ヨーロッパの中世から近世の絵画20点を取り上げて
そんなことを語った本
中には見るだけでも怖い絵も数点あります

確かにぞっとするし、その時代時代ごとの意外な思想が見えたりして興味深い
(明るいイメージのルネサンス期でも、年寄りはひたすら嘲笑の対象だったとか)
ただ、それだけに文章が稚拙で 不気味さが半減してしまっているのが残念
語り過ぎて、ぞっとする感じが損なわれちゃうんですよね…
解説の書としては、なかなか難しいところではありますが

ちなみに、わたしのこれまで一番のぞっとした本は
「ぼっけえきょうてい」です
でも、作者の方がもっと怖いのだと思います(笑

そういう意味では、この本の作者の方は
そんなに怖くない、良い人なのかも知れません
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://pencat.blog12.fc2.com/tb.php/598-4f868cb9
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。