本-BOOKS-食べ物-FOOD-植物-GREEN-動物-ANIMALS-お仕事-WORK-ご近所-LOCAL-銀幕-MOVIES-旅行-TRAVEL-徒然-DIARY-未分類-UNCLASSFIED-写真-PHOTOS-あったらいいな-WANTS-ウェブ-Web-デザイン-DESIGN-
拝啓御両親 娘は今日も元気です
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.03.27 Tue
Ashes and Snow
go_425_02.jpg

go_425_01.jpg


日時: 2007年3月11日(日)~6月24日(日)
月~木曜日 11時~19時、
金~日曜日・祝祭日10時~22時
(入館は閉館1時間前まで)
場所: ノマディック美術館
(お台場 東京テレポート駅前特設会場)
料金: 前売一般1800円、当日一般1900円(いずれも税込

ただ、ただ、圧倒。
でした。

週末に見に行っていた、グレゴリー・コルベールの写真展

電車の中吊りなどで、この印象的な写真は知っていたのですが
実際見に行ってびっくり

最初のほうの展示写真は、とても写真には見えず
まるで平山郁夫氏の日本画を見ているようでした。
少し歩くと、ショートフィルムの上映が。
そこには、映像でこの写真の前後を含めた情景が映っていました。

とても現実のものとは、信じられません・・・

穏やかな人、動物、そしてその静謐なふれあい

いったいこの人はどうしてこんなことができるのか???
帰ってからネットで調べてみたのですが、展示会の情報しかなく
未だになぞのままです
合成はいっさいないというし

そして、また驚いたのが公式ホームページの充実ぶり
このサイトを見るだけで、展示内容のほとんどを体験することができます
(上部のリンクからとんだ先で「リアル体験サイト」というところを見てください)

展示と併設してあるショップで、ポスターが9800円したり、
プレミアムブックが100万以上したことを考えると
ウェブでここまで公開しているのは何故だろう?と不思議です。
(写真は、展示会にないものを含めて多数公開
 映像は省略されていますが、ハイライトが含まれているのでこれでも十分)

あ、でももちろん展示会に行くのはお勧めです
実際大きいサイズで、その場で見るのは違いますので・・・

そしてこの人はどうしてこんな写真を取れるのでしょう??
動物の良い写真をとれるならまだしも、
何人ものモデルが、ヒョウや象やオラウータンたちと
平和的、詩的な時を、
しかも写真に映す一瞬ではなく
映像に残る長い間過ごしているのですから

これは、写真史上に残る出来事ですよね。
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://pencat.blog12.fc2.com/tb.php/515-926bdd68
このシリーズは娘のお気に入りで既に別のものを持っています。今回は子供のクリスマス会のプレゼント交換用に購入しました。手頃なお値段でかわいくて大好評!ラッピングもして頂きました♪・ 猫カフェ・三人(匹)揃ってゴウレンジャー・【トレビアン恋愛】エッチで「この
動物一般をあげる 2007.07.28 Sat 00:25
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。