本-BOOKS-食べ物-FOOD-植物-GREEN-動物-ANIMALS-お仕事-WORK-ご近所-LOCAL-銀幕-MOVIES-旅行-TRAVEL-徒然-DIARY-未分類-UNCLASSFIED-写真-PHOTOS-あったらいいな-WANTS-ウェブ-Web-デザイン-DESIGN-
拝啓御両親 娘は今日も元気です
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.08.15 Mon
今年のお盆がやってきました。
いつもコミコミの通勤電車がすいていました。
意外と皆さん、休みをずらさずお盆どんぴしゃにとるんですね。

お盆なので、亡くなった弟のことを思いました。
私が4才の時に亡くなった1つ年下の弟。
9月の夏祭りの神輿を家族で見ていた時に、
父親の背中で心臓発作をおこし、そのまま亡くなりました。

私には弟の記憶はあまりなくて、
私が弟を泣かして父親が怒っていたことのとか
べそをかいた弟を私の上の姉が慰めているのを見ていいな~と思っていたとか
ほんの断片しか覚えていません。

一番覚えているのは、亡くなった時のこと。
病院から帰っきてベットに寝かせた弟の横で
父親が泣いてびっくりしたこと。
大人達はベットのそばに集まっていたので
私たち兄弟3人は1階の客室の隅っこにいて
まず6歳上の兄が泣き出し、次に4歳上の姉が泣き出し
私は良くわからなかったけど、みんなが泣いているのが悲しくて
最後に泣き出しました。

弟は来年幼稚園に上がるというときでした。
早めに買っていた幼稚園用のシューズが、その年の冬も
階段横の物置スペースにちょこんとあったことを
なぜかそこの風景だけ鮮明に覚えています。

自分は末っ子根性に溢れているなあ、と良く思うのですが
4歳までは中間ッ子だったんですよね。
弟の記憶も、末っ子に嫉妬する真ん中の子の気持が入っているし。
三つ子の魂百まで、は当てにならないなあ。

両親は私の2つ上の兄も死産でなくしているので
兄弟5人のうち、下3人の中では私だけが大人まで育ったわけです。

そう考えると、今実家を出て東京で自由にいろいろやらせてもらっているのも
すぐ上の兄とすぐ下の弟の分までやらせてもらっているのかなあ
と感謝の気持を持たせてもらったり。

また、その分まで親孝行ができるといいなあ、と思ったり。

まあ、何にしても親と兄弟っていいもんですね。

そんな風に思わせて頂いた今年のお盆でした。
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://pencat.blog12.fc2.com/tb.php/44-51ff6e0d
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。