本-BOOKS-食べ物-FOOD-植物-GREEN-動物-ANIMALS-お仕事-WORK-ご近所-LOCAL-銀幕-MOVIES-旅行-TRAVEL-徒然-DIARY-未分類-UNCLASSFIED-写真-PHOTOS-あったらいいな-WANTS-ウェブ-Web-デザイン-DESIGN-
拝啓御両親 娘は今日も元気です
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.06.17 Sat
20060616233614.jpg

先ほど小田原から帰ってきました。
小田原駅、意外ときれいだったなあ。
私がこの旅に至るには、ちょっとした物語があったのです。

■月曜日朝ーことの始まり
始まりは今週の月曜日。
朝、会社に出かけようと思ったら
持って帰って来たはずのノートパソコンが見当たらない。
はて、どこにしまったのかしら?と思いましたが
時間がなかったのでそのまま出社。
もちろん、会社には見当たらず。

■月曜日夜ー焦り
月曜日の夜、帰宅してからもう一度家を探したけど見当たらず。
これは電車に忘れてきたか(汗)

■火曜日朝ー行動と絶望
火曜日の朝、出勤途中の東京駅で、駅員さんに相談。
まだ忘れ物センターが空かない時間なので、
テレホンセンターに電話して、と番号を渡される。

電話1分くらい待ってつながる。
でもノートPCは届けられて無いとのこと(;;)
ボーナスで買うことを決意・・・

ちなみに、これから見つかったら電話で教えてくれるのか?と聞いたら
改札でも良いので、届け出を出せば良いと教えられる。

が、改札で聞いてみると、改札では届け出なんてないとのこと(はあ?)
忘れ物センターでないとだめらしい。
もう空いていない時間だったので、明日にする。


■水曜日夜ーいちるの望み→の苛立
もうあきらめムードの水曜日
でも、届け出だけは出しておこうとおもって
夜帰宅途中に東京駅の忘れ物センターへ

東京駅の南口を出て右、貨物用の入口のさらに奥にそれはあった。
貨物用の通路を通る。
普通なら、絶対お客様なんて入り込まない
従業員ONLYの雰囲気のエリア
そんないっかくに忘れ物センターはありました

そしていざ行ってみると
忘れ物センターでも届け出なんて受付てないとのこと
1日1000個も忘れ物があるんだから、連絡なんてできないんだと

しかたがないので、念のためもう一度探してもらう
と、あった!

どうやら、先の電話では「パソコンなくした」と言ったのだが
パソコンは黒いバックに入っていたため、「バックなくした」
と言わないと、ヒットしなかったらしい。

分かるか、んなこと!

あと1日の差で、パソコンはすでに小田原警察署に移送。
忘れ物にふられたIDナンバーを教わり
もう一度テレホンセンターに電話して、小田原警察署につないでもらって
と言われる。

「そこから先、郵送してもらえるかどうかはお客さんの交渉力ですから。
 頑張ってね」
と投げやりな励ましを、忘れ物センターのおじちゃんから受ける。
警察相手に交渉力かい・・・
サバイバルじゃのお

が、テレホンセンターに電話すると
小田原駅に繋いだがそんな番号の忘れ物はないと言われる。
もう一度忘れ物センターで聞けと言われる
(そっちで調べてくれないの~?)

はあ?と思って忘れ物センターに引き返すが
ちょうど閉店時間
目の前で、センター入口のシャッターが閉まる

もうやけくそ
だめもとで、もう一度テレホンセンターに電話
今度の電話に出た人はしっかりした口調の人だったので
事情を話して、電話でIDを調べてもらえるか聞いてみる
大丈夫とのことで、調べてくれました
(さっきの電話出た人、覚えてらっしゃい!!)

やっぱり番号はちゃんとあり、
小田原警察署に移送されているとのこと。

警察署の番号も教えてくれるが
今日はもう遅くて電話が通じないので、明日電話することに。

■木曜日昼ー交渉スタート
翌日のお昼休みに、小田原警察署に電話
これから取りにこられますか~?と聞かれる
いやいや、無理ですから
代理人でも良いですよ~、と言われる
いやいや、無理ですから

日本の行政システムって、
ほんと専業主婦のいる家族を前提に成り立ってるんですねえ
平日の昼間だけサービスしてどないすんねん

送ってもらえないですか?と切り出すが
みなさん取りに来てますし、貴重品だから無理、
とあえなく玉砕

土日ももちろんだめ

でも仕事があるんで~、と泣きついたら
平日夜に受け取ることは可能と言ってもらえる
ただし、警察官に引き継ぐので、事件が起きたら、待たされるそうな・・・
ええい、行くわ!
でも今日は無理なので、遅くなっても支障がでない金曜日にする
来る途中、駅で証明書ももらってきてね、とのこと

■金曜日夜ーここまでくれば
とうとうここまで来ました、金曜日夜
この日は新人さん達の研修最終日
終了後の飲み会幹事は私

というわけで、飲み会を18時半から設定
20時半にきっかり撤収させて、2次会に送り出す

会社の人に同情してもらいつつ、
自分は人形町からタクで東京駅八重洲中央口へ
9時6分の静岡行き新幹線に滑り込み

意外とあっという間に小田原駅へ。9時45分に到着。
駅の改札で証明書がほしいというと、
感じの良い女性がホームの忘れ物センターを教えてくれる
無事、証明書をゲット

西口でタクシーに乗り込み、小田原警察署へ
ワンメーター

意外と、人影が多い警察署
入ってすぐの受付に、人もいたし

事情を話すと、大変でしたね~と言って
奥からPCを出して来てくれる

ついにご対面~

とても人の良いおまわりさんで、ちょこっと世間話
ちなみに、警察署はとても蒸し暑かったのですが
これは夜冷房を入れられる期間が決められているためだそうな
今は送風で凌いでいるとか
おまわりさんも大変ですな

警察署を出て、タクシーを探す。
久々のPCは、手にずっしり重い。
と、コンビニがあったので、とりあえず飲み物とお金おろす。
小田原のミニストップなんて、この先人生で二度と来ないんだろうな~
とやや感傷的に。

タクを捕まえたら、またもや良い人だったので
藤沢から来たんですよ~、と言って
またもや「大変でしたね~」と言ってもらい、水曜日のうっぷんをはらす。

小田原記念に、冒頭の写真を1枚取り
22時半の電車にのって、藤沢に23時過ぎに帰って来ました。

なんだか、RPBみたいな1週間だったなあ
何はともあれ、手元に戻ってよかったです。

皆様も、忘れ物にはお気をつけあれ。
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://pencat.blog12.fc2.com/tb.php/400-e28f34bf
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。