本-BOOKS-食べ物-FOOD-植物-GREEN-動物-ANIMALS-お仕事-WORK-ご近所-LOCAL-銀幕-MOVIES-旅行-TRAVEL-徒然-DIARY-未分類-UNCLASSFIED-写真-PHOTOS-あったらいいな-WANTS-ウェブ-Web-デザイン-DESIGN-
拝啓御両親 娘は今日も元気です
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.07.28 Thu
20050730093711.jpg


ほぼにちで紹介されていた、斉須さんという有名シェフが書かれた本
ほぼにちの対談
本の内容もとても自分に厳しい内容だったので
正直ちょっと遠い話だと感じてしまいました。

が、対談を読み進めていったら
私と同郷の福島県出身の方でした。
福島県の白河市、かつて交通の要所として栄えた城下町(みちのくへの入口)ですが
今ではさびれている市(ごめんなさい・・・)です。

斉須さんのお母さんは「ほんとに田舎のおばあちゃん」だったそうで
フランスに身一つで飛んで修行した斉藤さんも「自分も田舎で一生終わっていたかもしれない」
と語っています。

その言葉に魅かれて、思わず買ってしまいました。

東北の田舎出身、が理由かどうかはわかりませんが
のんびりしていて、闘争心がなくて、思いつめやすいことが
自分のコンプレックスでもあり、
でも直そうとしても直せかなったので
この性格とうまく付き合っていくしかないかあ、と最近良く思っているので
同郷の斉須さんがどうやってこんなに厳しい仕事をしていっているか
という過程に興味を持ったのです。

読むと自分にだぶらせて苦しくなりそうでもあり、楽しみでもあり。
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://pencat.blog12.fc2.com/tb.php/4-5c39058c
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。