本-BOOKS-食べ物-FOOD-植物-GREEN-動物-ANIMALS-お仕事-WORK-ご近所-LOCAL-銀幕-MOVIES-旅行-TRAVEL-徒然-DIARY-未分類-UNCLASSFIED-写真-PHOTOS-あったらいいな-WANTS-ウェブ-Web-デザイン-DESIGN-
拝啓御両親 娘は今日も元気です
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.03.19 Sun
先日読んだ「ウェブ進化論」の著者、梅田望夫氏のインタビューを読んでいたら
こんな言葉を見つけました。

「アマゾンは今度、アマゾン・アップグレードというサービスも出します。アマゾンから一度買えば、その本を仮に古本屋に売りはらってしまって手元に現物がなくても、オンラインで同じものを読める。このサービスは、アメリカのローカルの書店にとって本当にきついと思います。」

おお、これってすごくない?
自分が行く本屋さんをネット上に持つ(=アマゾン)だけでなく、
自分の本棚さえもネット上に持つということになりますよね。

自己紹介の代わりに自分の本棚を見せる、という洒落た方法がありますが
今後は、自分のアマゾンリストを見せる
ということにもなれるかも。

ま、リアルな本を手元におく、ということは捨てがたいので
とても気に入った本は相変わらず手元においておくのでしょうが
ほどほどに気に入っていて
 ため癖がある人はとっておき部屋を占拠していた、
 手放し癖がある人は、とっとと売ってしまい手元には残らなかった
そんな本が、ネットで読めるようになりますよね

影響としては、古本の流通が増えるということでしょうか。
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://pencat.blog12.fc2.com/tb.php/333-4c014894
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。