本-BOOKS-食べ物-FOOD-植物-GREEN-動物-ANIMALS-お仕事-WORK-ご近所-LOCAL-銀幕-MOVIES-旅行-TRAVEL-徒然-DIARY-未分類-UNCLASSFIED-写真-PHOTOS-あったらいいな-WANTS-ウェブ-Web-デザイン-DESIGN-
拝啓御両親 娘は今日も元気です
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.03.17 Fri
4480062858.09._OU09_PE0_SCMZZZZZZZ_.jpg

ウェブ進化論 ー本当の大変化はこれから始まる
ちくま新書 梅田 望夫 (著)


平積みになっていたけど、ありきたりの題名から手を出していなかったのですが
雑誌の紹介を見て買ったら、久々にヒットな新書でした。

「グーグルアース」「ブログ」など、最近の技術革新について
「どんなものなのか」「どんな意味を持つのか」「何がすごいのか」
についてきちんと解説してくれている本。
今までぼんやりと「最近はなんだかいろんなものが出て来てるよね」
という意識がとってもすっきりしました。

解説されていてなるほど、と思ったのは
ネットでは「とっても小さな利益・時間」を費用をかけずに集められるということ。
例えば自分のブログにアフィリエイトをつけていれば
それをクリックして商品を購入した人ひとりにつき5円もらっても
それが100人ならば、500円、何もせずにもらえる。
銀行の利子のように、お金が勝手に増える仕組みがもうひとつできあがっている。

先進国のライターはネットの記事で食えることは難しいが
発展途上国でやれば、十分に食える金額になる。
その意味で、大変民主的である、ということ。

まだまだきちんと理解しきれていませんが
ものすごく面白くて、好奇心を刺激される本です。
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://pencat.blog12.fc2.com/tb.php/331-32df5e37
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。