本-BOOKS-食べ物-FOOD-植物-GREEN-動物-ANIMALS-お仕事-WORK-ご近所-LOCAL-銀幕-MOVIES-旅行-TRAVEL-徒然-DIARY-未分類-UNCLASSFIED-写真-PHOTOS-あったらいいな-WANTS-ウェブ-Web-デザイン-DESIGN-
拝啓御両親 娘は今日も元気です
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.05.23 Mon
自分が「ほぼ日」を好きな理由は何か、ということを考えていました。

そうしたら、「ほぼ日」の中の糸井さんとさくらももこさんの対談
糸井さんがこんなことを話していました。

【糸井】
する(笑)。俺もそう。
僕ね、おとなになろうとする
努力はしてたんですよ。つまり、
半端に優等生なところが残ってるから、
人がどうやったら
うまくいったみたいな話とか、
一生懸命読むんですよ。
そうするとね、ほぼ全員がね、
ものすごく苦労してるんですよ。

【さくら】
苦労してるんですよね。ほんとに。

【糸井】
で、一方で、
「あの人は苦労したと言ってもね‥‥」
っていう噂が、同時にあるわけだよね。
つまりね、立志伝中の人物には、
だいたい泣いてる愛人がいたりね。
数字こぼしたんだけど、
金渡してごまかしたんだとか、
あの人に会って、
もうひどい目に遭いましたよ、って、
そんな話がいっつもあるわけですよ。
家にいたら針のむしろだとかね、
そんな話ばっかりですよ。
その部下は血の小便を垂れて
早死にしました、
悔いはなかったと思います、とかね(笑)。<

【さくら 】
はははははははは。

【糸井】
いや、いいですよ、それは。
悔いはなくてもね。
それはSMクラブに行った人がね、
鞭で叩かれすぎて
死んじゃったみたいな話ですから。

【さくら 】
まぁね、そうですね(笑)。

【糸井】
でも、みんながみんな、
その競争は、まずいだろうと。


(太字は管理人による)

・・・
何だか、こういう糸井さんの考えがにじみ出ているから
自分はほぼ日が好きなのかな、と思った日でした。
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://pencat.blog12.fc2.com/tb.php/154-224d093e
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。